CPUクーラーのグリスを塗り直してみた

Pocket

CPUとCPUクーラーの間のグリスを再塗付することになった

電源入れるとCPU異常加熱でエラーという異常事態発生

数か月前から時々「ピー!ピー!ピー!」というけたたましい音と共にPCがフリーズ!
モニターにはCPUテンプエラーのメッセージ。
その時はアドビのソフト3本くらい立ち上げて作業してたので「あらら・・・やっちゃった・・・」程度に再起動していたのだが、事態は深刻なレベルに達していたのだった。

頻発するTemperature error

ここにきてついにそのエラーが頻発するようになった。
夏だから?なんてレベルではなく、電源をはじめて入れたにもかかわらずCPUの温度は100度近くを表示し、「ピー!ピー!ピー!」で再起動するというループに陥ったのだ。

これはオカシイ。症状として暑さのせいではない。ではクーラーの異常かとPCの横蓋をあけてみるがファンは皆勢いよく回っている。(私のPCケースはファンが4つ着けられ、CPUクーラーも大きなものをチョイスしてある)

問題発見・・・

CPUクーラーが何だか揺れているようだったので電源を落とし手で触ってみるとカタカタと揺れる・・・
止めてあるストッパーが1個緩んでいるのだ・・・

問題はこんなことでした。
以前ホコリがたまっていたので掃除機ガンガンかけた時にぶつかったのか緩んだのか、その後ファンの振動で外れたのか?まあそんなtころでしょう・・・

で外してみると、
クーラーとCPUの間のグリスの接着すらはがれてまったく接触してない感じです。
グリスも固着してガビガビです。

CPUクーラーグリス再塗付

CPUクーラーグリス固着状態

で、アマゾンで即注文。
AINEX シルバーグリス [AS05]来ました。

CPUクーラー用シルバーグリス

CPUクーラー用シルバーグリス

まずはガビガビに固着したグリスのかすを無水アルコールで綺麗にします。

CPUクーラーの古いグリスをはがす

CPUクーラーグリス再塗のため古いグリスをはがす

あっと言う間にピカピカ!

圧着面を無水アルコールできれいに

圧着面を無水アルコールできれいに

そしてシルバーグリスを適量塗り付けます。
チューブから絞ってプラかシリコンのヘラで薄く延ばします。

CPUクーラー用シルバーグリス塗布

CPUクーラー用シルバーグリス塗布

そしてCPUクーラーを装着して完了。

CPUクーラー装着

CPUクーラー装着

その後数日使ってますがエラー表示ナシ!完調です。

もっと早く気付けよオレ・・・

 

 
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.